パソコンを徹底管理!プライバシーを守ろう!


パソコンにプライバシーが入っているなら

プライバシーに関わることをたくさんパソコンに保管しているのなら、きちんと管理しなければ、誰かに見られてしまうかもしれません。やり方によっては外部からものぞき放題になってしまうので、きちんと設定をして、パソコンからプライバシーが漏れ出さないようにしましょう。デジタルデータとして流出してしまったプライバシーは、複製が簡単なので消すのが難しくなってしまいます。

パスワードを設定しよう

自宅で利用するパソコンの場合は、パスワードを設定しないほうが使い勝手が良いです。わざわざ起動するたびに、パスワードを入力するのは面倒だと感じても仕方がないでしょう。しかし、パスワードを設定していないということは、誰でもパソコンの中身をのぞけるということになります。それだけではなく、外部からのぞけるように設定をされる可能性があるので、パスワードでしっかりと守ることが大切です。

捨てるときにはデータを消去しよう

パソコンを買い換えるなどの理由で処分する必要があるのなら、ハードディスクの中身はしっかりと消去するようにしましょう。捨てたものを誰かに拾われて、ハードディスクの中身をじっくりと解析されてしまうと、プライバシーが暴露されてしまうかもしれません。現在では、ハードディスクの中身を完璧に消去できるソフトウェアがあるので、プライバシーが残っていない状態にして捨てることが可能です。もしも、ソフトウェアの使い方が分からなかったり不安に感じたりするのなら、ハードディスクを抜きだして処分することもできます。

現在、個人情報保護法が施行されていますので、個人情報が記載されている紙媒体はシュレッダーが必要になります。