スマホのトラブルはどう対処する?修理方法を紹介


水没してしまったときの対処法

スマホを水没させてしまった場合に覚えておきたいのが、電源を入れてはいけないことです。水に濡れている状態で通電させてしまうと、基板がショートして壊れてしまいます。水没したときには最初にスマホからバッテリーを外すようにしましょう。SIMカードやSDカードも外します。そうしたら、乾いたタオルなので丁寧に水分を拭き取ります。水分を外に出そうとスマホを振るのはやめてください。まだぬれていない場所にまで水分が入ってしまう可能性があるからです。風通しの良い日陰にスマホを置いて自然乾燥させましょう。スマホが使えないのは不便ですが、2日から4日は我慢して置いておきます。完全に乾かしてから電源を入れ、バックアップを取ったら修理に出しましょう。

画面が割れてしまったときの対処法

スマホの画面が割れてしまった場合、そのまま使い続けているとガラスの破片が指を傷つけてしまう可能性があるので、なるべく修理した方が良いでしょう。画面割れの程度が軽いケースでは、画面割れスマホ用のフィルムを張る、レジン液を塗るなどによって応急処置をする方法があります。しかし、自己流の処置には失敗してしまうリスクが伴いますし、公式サポートの対象がいないなる可能性があります。キャリアやメーカーのサポートやスマホ修理業者に修理に出す方が安心できるでしょう。修理に出す前には、バックアップを取ります。画面割れがひどく、操作ができなかったり、画面に何も映らなかったりするような場合ではパソコンと接続することで、バックアップできる可能性があるので試してみてください。

壊れてしまったスマホを直すなら、スマホ修理の三宮です。三宮にはいくつもの修理店があり、修理対応しているので、スピーディーにスマホ修理ができます。